29 Cu 銅(どう) Copper


原子量: 63.5463
族: IB/11
周期: 4
分類: 遷移金属元素(貨幣金属)
電子配置: [Ar]3d10、4s1
価数: +1、+2
電気陰性度: 1.8
原子半径(A): 0.87(2+イオン)、1.28(金属原子)
天然存在比(%): 69.173(63)、30.833(65)
色: 赤茶色
常温常圧での状態: 固体
単体融点/沸点(C):  1084.5 / 2580
単体密度(g/cm3): 8.93
語源: 地中海に浮かぶキプロス島[Cyprus] (地名)
発見者: 古代
備考:

燃やすと緑色の炎を出だします(炎色反応)。赤茶色の金属で、銀の次に電気をよく伝えます。錆びは緑色になり、これを緑青といいます。多く存在するので安く、またよく電気を伝えるので電線として使われています。10円も銅で出来ています。熱が伝わりやすいので、なべなどにも利用されています。


CuCu (flame)
金属 炎色反応 塩化銅(CuCl2

Copyright (C) 2001 Shin Motomiya, All Rights Reserved.