16 S 硫黄( いおう ) Sulfur


原子量: 32.0666
族: VIB/16
周期: 3
分類: 典型非金属元素(カルコゲン)
電子配置: [Ne]3s2、3p4
価数: -2、+4、+6
電気陰性度: 2.4
原子半径(A): 1.70(2-イオン)、1.04(共有結合)、1.85(ファンデルワールス)
天然存在比(%): 95.029(32)、0.754(33)、4.218(34)、0.021(36)
色:  
常温常圧での状態: 固体
単体融点/沸点(C):  112.98 / 444.6
単体密度(g/cm3): 2.07
語源: ?硫黄[sulpur] (ラテン語)
発見者: 古代
備考: 上記の融点・沸点・密度は斜方硫黄のもの。温泉地で、卵の腐ったような匂いはこの硫黄が原因です。紙、天然ゴム、火薬、マッチ、合成繊維などを作る過程でよく使われます。髪の毛にも含まれており、パーマはこの硫黄の性質を利用したものです。同素体(斜方硫黄、単斜硫黄、ゴム状硫黄)

S 
黄色い個体  


Copyright (C) 2001 Shin Motomiya, All Rights Reserved.