15 P リン Phosphorus


原子量: 30.9737624
族: VB/15
周期: 3
分類: 典型非金属元素
電子配置: [Ne]3s2、3p3
価数: -3、+3、+5
電気陰性度: 2.1
原子半径(A): 1.98(3-イオン)、1.10(共有結合)、1.9(ファンデルワールス)
天然存在比(%): 100(31)
色: 黄リンは淡黄色、赤リンは暗赤色
常温常圧での状態: 固体
単体融点/沸点(C):  589.5 / -
単体密度(g/cm3): 2.35
語源: 光[phos]、運ぶもの[phoros] (ギリシャ語)
発見者: ブラント(1669、ドイツ)
備考: 上記の融点・沸点・密度は赤リンのもの。三大肥料の一つです。なかでも白リン[黄(おう)リン]は、淡黄色のやわらかい固体です。非常に猛毒です。空気中で何もしなくても発火するので、水中に保存します。赤(せき)リンは、暗赤色の固体で毒性がなく、マッチや花火の原料に用いられます。同素体(白リン[黄リン]・赤リン・紫リン・黒リン)

P 
赤リン  

Copyright (C) 2001 Shin Motomiya, All Rights Reserved.