9 F フッ素 Fluorine


原子量: 18.99840329
族: VIIB/17
周期: 2
分類: 典型非金属元素(ハロゲン)
電子配置: [He]2s2、2p5
価数: -1
電気陰性度: 4.1
原子半径(A): 1.19(-イオン)、0.72(共有結合)、1.35(ファンデルワールス)
天然存在比(%): 100(19)
色: 黄色
常温常圧での状態: 気体
単体融点/沸点(C):  -219.62 / -188.14
単体密度(g/cm3): 0.00171
語源: 流れる[fluo] (ラテン語)
発見者: モアッサン(1886、フランス)
備考: 黄色っぽい気体で他の元素と激しく反応を起こします。気体はとても有毒で、取り扱いがとても難しい。このフッ素と水素が結びついてできている酸(フッ化水素)はガラスを溶かしてしまいます。フライパンなどのテフロン加工でフッ素が入っているものが使われています(この状態では無毒)。

FF (Crystal)
金属 結晶

Copyright (C) 2001 Shin Motomiya, All Rights Reserved.